Blog

休業すべき?続けるべき?

ご存知の通り、コロナウイルス感染予防のため、政府から休業要請が出され店を閉めるとこが多数出ている。

理美容院は生活に必要な業種ということで休業要請から外されている。
世論からは3密に当たるということで休業要請しないことに疑問を持っている人も多いだろう。
休業しなくて良いという政府と休業すべきだという世論に経営者は板挟みになって頭を悩まし苦しい決断を余儀なくされている。

そんな中CARNELもどうするか?考えたが、結論は政府から休業要請が出されない限りは続行!!
従業員もいないし、1対1のスタイルなので多少感染リスクは少ないであろうと思うのでやることにした。
それでもリスク0ではない。
そんな状況でも店を閉めないといけない理由よりも大幅に続けないといけない理由の方が多く、重いのでこちらの立場としては続けたいのだ。
続けるにしても、お客来ての商売なので最終ジャッジはお客本人の判断に委ねる。
うちの続けるよっという意志に賛同してもらえるなら来てもらえばいいと思っています。

あと、閉めることによっての一番の問題としてはいつ再開していいかわからないということ。
5月6日と言われているが、いきなり経済活動再開!!ってことはならないだろう。
自粛の空気感は当分の間は続くと思う。
そうなった時に要請出ていないのに自主的に休業した場合はどの基準で再開すべきなのかが難しい。
パッと晴れた気分で再開することはないと思うので再開しても当分は足取りは重い状態が続くであろう。

では、休業するとこはどうしてその判断を下したか?
様々な理由はあると思うので、詳しくは別の投稿でお話しします。

誰しもが想像もできなかった事態になりましたが、この危機を乗り越えた時は相当強い店になると思うので負けづに生き残っていくので陰ながら応援してもらえたら幸いです。
お店に来てくれたら嬉しいですが、髪が我慢できなくなったらでよいので少し期間を延ばして来てもらえたらなと思っております。

過去の記事

全て見る